影踏み

この曲の表示回数 62,521
歌手:

the GazettE


作詞:

RUKI


作曲:

the GazettE


乾いた足音 肌を染めてく月光
冷たいあなたの手
剥がれぬように引けた暁に
その躊躇いを捨ててくれる?

明日を信じてゆける意味を求め
どこかで壊れてしまった
何もかもが歪んで見えた
ねぇ まだ笑えてる?

抱きしめていて 忘れぬように
声もいつか届かなくなる
舞い散る雨に消え入りそうな
二人の足音が重なり
途切れるまで

強く手を握って
今はそれだけでいい
それがあなたを信じてゆく唯一の光で

抱きしめていて 忘れぬように
声もいつか届かなくなる
舞い散る雨に傘も差せない
そんな自分が悲しい

愛していてね
こんなに脆くなってしまった心も
光を見つめ落ちてゆく二人
やっと重なった
あなたの影と

忘れないでね これが終わりじゃない事
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:影踏み 歌手:the GazettE

the GazettEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-08-29
商品番号:SRCL-8057
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP