この曲の表示回数 12,796
歌手:


作詞:

田口囁一


作曲:

田口囁一


今、なぜ僕は この位置を愛せないのだろう

例えば憧憬塔
或いは焦燥線

悲しみに隆起した残像を
崩す指先
キーを叩いている モニタに対峙して

まさに僕が死んで 消える時
誰かに 僕は焼きついていたい

痛みを昇華した水蒸気 血液を溶かす
今を嘆いている 鏡を凝視して

やはり色はまるで伝わらなくて 彼方に描いて

僕はなぜここにいる
神が僕を突き刺して
息を止めるのもまた
浅はかな慰み

ここに影もなく
ひたすら声張り上げて
ああ、そうだ
きっと解っていたこと
僕の中で 啼く

今、なぜ僕は この位置を愛せないのだろう
歩行速度をあげて 見据えた憧憬塔

僕は今ここにいる
神はいつか突き刺すから
今は屑と呼ばれても
描き続ければいい、だろう?
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:none 歌手:感傷ベクトル

感傷ベクトルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-08-03
商品番号:VICL-63866
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP