試聴する

愛しの理不尽

この曲の表示回数 5,183
歌手:

suzumoku


作詞:

suzumoku


作曲:

suzumoku


差し出された未来を眺めて どうにでもなるさと笑った
その背中に冷たい手の平 突き落とされたスクランブル

前も後ろも右も左も
肩組みする歯車に取り囲まれて
どうにでもなれ!と逃げる背中を
“腰抜け”と世間が決め付ける

人はみんな助け合えるから 信じられるさと頷いた
その瞳に乾いた一言 追いつめられた扉の前

今日も昨日もきっと明日も
目配せする嘲りに放り出されて
信じられない!と拒む瞳を
“可哀そう”とメディアが決め付ける

にじむ夕暮れ 振り返る道 今さら蘇る放課後の残り香
帰りたくない!と流す涙を “子供だ”と社会が決め付ける

笑えばいいさ 馬鹿にすればいい
誰もが語る“普通”にはなりたくない
常識の雨に打たれ呆れて
僕は僕の歌声を決め付けるさ
嗚呼、愛しの理不尽なこの世界よ
嗚呼、愛しの理不尽なその心よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛しの理不尽 歌手:suzumoku

suzumokuの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-07-11
商品番号:APPR-2506
apart.RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP