THE BLOSSOMING BEELZEBUB

この曲の表示回数 17,401
歌手:


作詞:


作曲:

DIR EN GREY


優しい香りがまだ消えない
焼け焦げた言葉
耳からこびり付いて何もかもが…
だから心に決めたんだ

今日も見えない雲が殺した満月
テーブルはいつも一人
並べられたスプーンやフォーク
首にかけられたナプキン
とっくに冷えきった白い皿に入った
スープ

沈黙に流れる鼓動と隣の家から聞こえる
かすかな雑音

気怠さに任せ床に寝そべる
横に見えた世界は意外に新鮮で
土の方へ伸びる

初めて一つになれたんだ
今日はこのまま寝りにつきたい

動く米粒にいつか羽が生える?

手を後ろまわし探る
僕は飛べない何故だろ?
僕は僕を捜してる
誰も何も教えてはくれないの?
何故?何故?

わらわらと増えてくる君は…

ソファーの下探してた銀のナイフ見つけ
椅子に座り直し口に肉を運ぶ
美味しいはずのライスも口に頬張り
羽を探す
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:THE BLOSSOMING BEELZEBUB 歌手:DIR EN GREY

DIR EN GREYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-08-03
商品番号:SFCD-97
SMD itaku (music)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP