試聴する

六月の鯉のぼり

この曲の表示回数 23,786
歌手:

長渕剛


作詞:

長渕剛


作曲:

長渕剛


肩を寄せ合い寒さをしのいだ
打ち震える白夜に
命も凍りついた

かすかに君の声が聞こえた時
僕はしがみつくように
君を抱きしめた

悲しみを抱きしめた二人の間に
生まれてくるものは
苦しみだけか

どこへ行けばいいどこへ立ち向かえばいい
僕たちは誰に道を
聞けばいい

なーんにもないこの青い空に
遅れてきた
六月の鯉のぼり

しっかり寄り添い雲を追いかけ泳ぐ
季節の風に挑む
二匹の鯉のぼり

明日僕はまた壊れた船に乗り
君を守るそのために
海に出る

大好きだった君が生きてゆくのなら
かわりにたとえ僕が
死んでもかまわない

限りなく続くこの一本道を
ふりかえりふりかえり
歩いてゆく

僕たちはいつになったら帰れるの
あの美しい故郷の
家に帰りたい

水平線を泳ぐ鯉のぼり
あの故郷に帰れる
日はいずこ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:六月の鯉のぼり 歌手:長渕剛

長渕剛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-05-16
商品番号:UPCH-20275
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP