荒狂曲“シンセカイ”

この曲の表示回数 69,471
歌手:

BIGMAMA


作詞:

金井政人


作曲:

BIGMAMA


果てしなく広がる海原で
板切れ一つにしがみ付くような
日々にもう嫌気が差して
少年は貨物に紛れ込んだ
近づく足音と反比例して
吐く息をそっと殺していく
僕は僕を密輸する
だって待ってたって助けなんて来やしない
誰1人来やしないよ

どれくらい経ったろうか
食料や水が尽きて
意識さえも途絶えてく
次に目が覚めた時は
広がる新世界
未だ見ぬ新しい自分
そう信じたいね

両手両足貼付けられて
目覚まし替わりの水を被った
現実はそんなに甘く無いさ
首筋を刃で撫で回して
“何をしに此処へ”と尋ねられた
船長は不適に笑う

“世界が退屈で仕方ないのです”
誰かの航路をなぞってたって辿り着けはしない
新世界へ

“煮るなり焼くなり好きにしろって”
少年は覚悟を決め叫んだ
首筋の刃は食い込んで行く
“世界の退屈を嘆くような
つまらない大人にだけはなるな”
その胸に深く刻む
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:荒狂曲“シンセカイ” 歌手:BIGMAMA

BIGMAMAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-10-06
商品番号:RX-038
RX-RECORDS/UK.PROJECT

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP