試聴する

ユーカリ

この曲の表示回数 6,074
歌手:

suzumoku


作詞:

suzumoku


作曲:

suzumoku


東の光を受けて 誰かが淡く手を振る
群れをなして飛び交うハトを 数えかけたホーム
見なれた七号車に 揺られる無言の命
ささやかな時の中で 満ち欠けを続ける

読み終えた小説に 描かれた街が
あまりにも美し過ぎて 目を上げるのも怖かったんだ

疲れた言葉は伏せて 俯き改札を抜ける

何かを求める日々が 誰かを傷付けてゆく
高架下をくぐり抜ける 振り向くこともなく

流れ去る電線に指を走らせて
途切れた先に見えていた あの町を今歩いている

答えは風に託して 俯き駅前を過ぎる

空回る日常に紡いだ思いが
少しでも染み渡ればと 調べに乗せて…
窓際のユーカリは光を集めて
片付かない部屋の隅を 今もほのかに照らしている

開けた明るい空を 見上げて坂道を下る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ユーカリ 歌手:suzumoku

suzumokuの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-03
商品番号:APPR-1802
apart.RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP