Kite

この曲の表示回数 26,621
歌手:


作詞:

尾崎雄貴


作曲:

Galileo Galilei


億点満点の世界を絵に描いてる君は いつも絵の具だらけさ
猫みたいな栗色の髪の毛を邪魔そうに束ねてしまうんだ

君のカゴの小鳥はいろんなことを喋った
独り言が好きなのって少女みたいに笑う

君の寂しさにどんな言葉をかけても
笑顔の裏に深く沈んでいってしまうんだ
今夜も大きなキャンバスの中で眠る
どんなに望んでもそばには行けないんだ
知っているくせに

青空のすみの方でトンビがぐるぐる舞うのを見ていたんだ
ぼんやりと筆の先が窓の輪郭を描いて迷って行き先を失った

君が吸った煙草の匂いで胸がやけた
キスしてなんだっけ?ってとぼけてる君の目は

君の寂しさ映した深い池のよう
もがいたりしないで静かに溺れていくの
僕はそのキャンバスを引き裂きたい
でないと君はずっとひとりぼっちだ
知っているんだろう

そして君は
そして君は
ひらいた窓の外
トンビの舞う空へ
鳥かごの小鳥をそっと逃がした
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Kite 歌手:Galileo Galilei

Galileo Galileiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-01-25
商品番号:SECL-1066
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP