試聴する

少女ロボット

この曲の表示回数 34,133
歌手:


作詞:

シーナ・リンゴ


作曲:

シーナ・リンゴ


詰まらない
今日は眼を使わないで欲しい
下らない こんな あたしは大っ嫌い

振り返れば何時も恥ずかしいくらい淋しくて
ざわめいた街路樹が 涙を誘う迄
気付かなかったのです

忘れたい 今日は帰らないで欲しい
構わない こんな あたしは どうなっても

寄り添って愛と呼び壊れないと信じていても
錆付いた快楽は何処から期待したって
亡きものなのです

佞言は忠に似たり

果敢無い記号の様な 此の身を犠牲と知ったら
溶け合って絶える夢 貴方と見たくて…
間違いがあったなら 二人が出逢った真実
ただ どうしてヒトは是程頭脳を発達させたのでしょう

振り返れば何時も恥ずかしいくらい淋しくて
ざわめいた街路樹が 涙を誘う迄
気付かなかったのです
寄り添って愛と呼び壊れないと信じていても
錆付いた快楽は何処から期待したって
亡きものなのです
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少女ロボット 歌手:ともさかりえ

ともさかりえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-23
商品番号:AVCD-17523
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP