太陽が真上に来るとき

この曲の表示回数 6,011
歌手:

吉永小百合


作詞:

千野皓司


作曲:

黛敏郎


太陽が真上に来るとき
小さなつぼみが ほころびる
大きく息を弾ませて
夢を見るなら すてきな夢を
泥にまみれて 傷ついて
青春の夢が ちぎれても
消してはいけない 希望の灯
きっときっときっと すばらしい朝が来るんだから

太陽が真上に来るとき
みんなで咲かそう 幸せの花
口笛吹いて 手をひろげ
夢を見るなら 美しい夢を
さびしくなって 泣きたくて
青春の夢がかすんでも
捨ててはいけない あこがれの心
きっときっときっと すばらしい朝が来るんだから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽が真上に来るとき 歌手:吉永小百合

吉永小百合の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-23
商品番号:VICL-63822
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP