GOLD LYLIC 

試聴する

マーチングバンド

この曲の表示回数 206,300
歌手:


作詞:

後藤正文


作曲:

後藤正文


色の褪せた絵の古ぼけたベンチとはにかむ少年
雨ざらしのまま朽ち果てたいつかの希望を掲げよう

蔑むこともなく驕ることもなく花開くヒマワリの
種にもならぬような胸の奥の秘密にささやかな光を

静まり返る夜のミュージアム
忘れられたいつかの君は笑うんだろう

ほら 誰彼となく集まった広場を過ぎるマーチングバンド
今 裸足のまま駆け出した少女にこの曲を捧げよう

静まり返る青いプールの
薄い膜に映る空に飛び込む

開け
心よ
何がやましくて
何故 悩ましいんだ 僕ら

光れ
言葉よ
それが魂だろう
闇を照らしてどこまでも
行け

悲しくなったり
切なくなったり
ため息吐いたり
惨めになったり
いつかは失ういのちを思ったり
それでも僕らは息をしよう

開け
心よ
何がやましくて
何故 悩ましいんだ 僕ら

光れ
言葉よ
それが魂だろう
闇を照らしてどこまでも
行け
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:マーチングバンド 歌手:ASIAN KUNG-FU GENERATION

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-30
商品番号:KSCL-1880
KRE

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP