試聴する

バカと個室と孤独飯

この曲の表示回数 10,929
歌手:

milktub


作詞:

bamboo


作曲:

一番星☆光


たまごかけご飯です
僕はひとりきりで
便所の個室昼下がり
孤独がスパイス

アクシデントが起きる
不穏な匂いする
隣の奴がレトルトのカレーを食いだした 本気か!
ちょっと待てよトイレでカレーを食いだすのは
マナー知らずって奴だろ

この孤独守りたい
他に何もないから
全てを失いこの空間すら失ってく

勇気出して壁殴り
隣の個室見た
そこにはもう一人の僕が座っていた

たまごかけご飯です
数分前までは
今はふやけた何かです
早く食べなくちゃ

何故か人は孤独を
愛してしまうけど
今の僕には同意はできないけど理解はできるよ
鼻につく独特の匂いが
なんでだろう
ものすごく落ち着く

この孤独愛してる
そんな自分が好き
友達にも誰にも言えないビターな秘密

心は強がってても
身体は泣いていた
卵の白身のような涙こぼれてた

この孤独守りたい
他に何もないから
全てを失いこの空間すら失ってく

本当はこの部屋で
悪魔を育ててる
この世界のリア充達に災いを

ラララ~
ラララ~
ラララ~

個室で食べるご飯は
「僕を裏切らない」
便所の中心で僕は叫んだのさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:バカと個室と孤独飯 歌手:milktub

milktubの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-05
商品番号:LACM-4862
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP