destination unknown

この曲の表示回数 24,859
歌手:

Kalafina


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


夢を語りすぎて
命が軽くなりそうで
愛の教科書には
何にも書いてなさそうで
瞳をこらす
確かな物は何処
胸を焦がす何かを探して

秘密抱えたなら
少しは重くなれそうで
貴方の瞳には
何か潜んでいるようで
指を伸ばす
生きる楔が欲しくて
二人は初めてキスをしたの

その瞳は何を見つめ
銀色の朝の中を
満ち潮の夜の中を
彷徨って行くのでしょう

この水は何処へ続く
塞き止められた日々の中
穢れ無いものはいつも

愛の無い場所にあるのでしょう

心の片隅に
何か淀んでいるようで
愛で塗り潰せば
全て正しくなりそうで
瞳をこらす
夜明けの星は何処
奇麗な光が一つ欲しい

この濁りを愛と呼んで
ありふれた影の中を
もどかしい夜の中を
漂って行くのでしょう

この水は何処へ続く
流れを恋い慕っていた
探してるものはいつも
届かない場所にあるのでしょう

自分の傷ならば
自分で嘗めて治せそうで
それでも傷跡を
見せびらかしたくなりそうで
ヒトになるまで
まだまだ遠い道かしら
心は何時からここにいたの

夢を語りすぎて
命が軽くなりそうで
愛の教科書には
何にも書いてなさそうで

この水は何処へ続く
銀色の夜の最中を
爛漫の愛の中を
何処までも流されて行くの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:destination unknown 歌手:Kalafina

Kalafinaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-09-21
商品番号:SECL-1014
SME

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP