試聴する

ハルカカナタ

この曲の表示回数 43,715
歌手:


作詞:

郡島陽子


作曲:

清水葉子


見上げていたのは百角形の宙(ソラ)
-100℃のすれ違う視線に
凍てつく心臓 握りしめた手は
ギラギラ汗ばんでいた

甘くて苦いコンクリートの街で

ハルカカナタ 遠くの空へ
飛んでゆける 僕らの声は
高く高く どこまでも遠くへ届けて

この街に溢れるエゴイストのルール
重たい鎖に繋がれた手足
それでも僕らは引きづられないように
もがき続けているんだ

殺さないで 君の答えを
僕は見えないふりしないよ
隠さないで その手の中にある念(オモ)いを

操られた 歪んだ世界で
叫んでみせる 僕だけの声で

ハルカカナタ 僕らの明日は
誰も知らない 誰も消せない
深く強く 突き刺さる想いを信じて
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハルカカナタ 歌手:UNLIMITS

UNLIMITSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-09-07
商品番号:SRCL-7713
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP