試聴する

あすなろ

この曲の表示回数 40,332
歌手:

鈴村健一


作詞:

鈴村健一


作曲:

宮崎誠


路地裏には 暗い暗い灯り
そこに集う羽虫たちの様
もがく僕らは crying crying 共に
秘めた思いをくすぶらせてるんだ

「何をすればいい」
それがわからない
無限の意味恐れてる
しびれ切らした 両の足が
立ち上がれとせがんでいる

すべて運命だなんて神の落書きだ 丸めて捨てるさ
たったひとつの冴えたやり方 いつも胸に抱いて
夜明け 睨みつけるよ

玉虫色した未来の話
机上の空論 素晴らしいシミュレーション
スニーカーのひも 結んでさあ
計画通りまずは顔上げるんだ

アスファルト叩く無数の足音
一つ一つに意味がある
ここにいる理由 探し求めて
くちぶえ吹いて歩いていく

箱庭の外にいる のぞき見の神に 会えたとしたら
平手打ち一発くらいは かましてみたいよね

名もなき花は明日へ 生まれ変わるため
夢から覚める
誇り高く伸びゆく姿 僕ら知ってるんだよ

生まれ落ちた謎はすべて終わる時 解けると信じて
たったひとつの冴えたやり方 神を欺くんだ
今を生き抜くのさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あすなろ 歌手:鈴村健一

鈴村健一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-08-24
商品番号:LACM-4836
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP