試聴する

ココニアル

この曲の表示回数 5,795
歌手:


作詞:

近野淳一


作曲:

近野淳一


声は消えた 漂う影ひとつ 残して
思い出さえ切り裂く 季節の風

燃えて落ちた灰のような日々
風にのってどこへ飛び立つ

闇の中をずっと生きる
その思いはきっと生きる
季節の風が東西へと吹き荒れて
纏う夢をすべて追い剥ぐ

「さらば君よ」 何度も一人で呟いた
「なぜ?なんで?」なんてもう 遠い昨日の戯言

ここにある 個々にある 心
絆伝いに自由掲げ

立っているんだ ずっとここで
その思いはきっと生きる
季節の風が東西へと吹き荒れて
的を俺に合わせようとも

涙が足りない 結構じゃないか
泣いても足りない 思い出じゃないか

誰もいなくなって
誰よりここにあるのは俺じゃないか

闇の中をずっと生きる
その思いはきっと生きる
致し方ない…
失い見つめ合うものは
己とこの俺の行き先
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ココニアル 歌手:鴉

の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-08-17
商品番号:TFCC-86361
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP