試聴する

恒星

この曲の表示回数 5,581
歌手:

NoGoD


作詞:

NoGoD


作曲:

NoGoD


初めはとても小さな粒子
目にも見えず感触さえなく
それなのに
まるで宇宙の始まりみたいに
収束して広がり出したんだ

ほら、見えてるか?
君が立つ外側の星は
ここが輝いて見えるだろ

本当は
泣いて、泣いて、泣いて、僕らは
泣いて、泣いて、それでも星を育てた
泣いて、泣いて、泣いて、微かな光を求めて

膨らみ過ぎたこの小さい宇宙
少しずつ綻びが見え隠れ

だから彗星の
ベールを纏い輝くけど
重力が心を押してくる

本当は
泣いて、泣いて、泣いて、弱くて
泣いて、泣いて、自分を強く抱きしめ
泣いて、泣いて、泣いて、それでも光を求めて

ほら、見えてるか?
夜空に輝くあの月を
まるで鏡の様に見えるよ

本当は
泣いて、泣いて、泣いて、僕らは
泣いて、泣いて、それでも星を育てた
泣いて、泣いて、泣いて、微かな光も
今はまだ出せないけど
泣いて、泣いて、泣いて、泣いて
涙が流星に変わる頃
小さい僕らのこの星が強く
君だけを照らす
小さな恒星になれる様に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恒星 歌手:NoGoD

NoGoDの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-08-03
商品番号:KICS-1681
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP