青春紙風船

この曲の表示回数 6,816

青春のひとときを暮らしてた
あのひとと久々に会ったのは
初めての木枯らしが吹いた日の
人気(ひとけ)ない公園の午後でした

変わりなく あどけない 顔をして
ほほえみを 絶やさずに いるけれど

誇らしくきらめいた指輪には
幸福の二(ふた)文字が描(か)かれてた
青春は紙風船 戯れて 破れてしまう

あの頃はおたがいに若かった
少しだけ無茶をして喜んだ
悪いことばかりではないけれど
忘れてもいいわねと 横を向く

唇を 噛む癖は 前のまま
髪の毛を 指に巻く しぐさまで

それでいてここにいるあのひとは
思い出も語れない人になる
青春は紙風船 戯れて 破れてしまう

誇らしくきらめいた指輪には
幸福の二文字が描かれてた
青春は紙風船 戯れて 破れてしまう

青春は紙風船 戯れて 破れてしまう
青春は紙風船 戯れて 破れてしまう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春紙風船 歌手:加藤久仁彦&トップギャラン

加藤久仁彦&トップギャランの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP