星空のワルツ

この曲の表示回数 5,684
歌手:

米倉千尋


作詞:

栗林みな実


作曲:

栗林みな実


別れぎわのさみしさは
あの頃から変わらない
また明日会えるのに
離れたくないの

そっとわたしを抱きしめてくれる
幸せを守りたい ずっと

真夏の星座に照らされて
ふたり小さく唱える
ひみつの言葉教えてあげる
おまじないしよう

いつも歩く帰り道
繋いだ手をはなせない
このままいたいけれど
時が過ぎていく

夜空に描く夢はひとつだけ
あなたの星になりたい いつか

優しい瞳を見ていたら
何故か涙があふれる
初めての切なさを知ったの
…あなたが好き

真夏の星座に照らされて
ふたり静かに祈るの
素直な気持ちのままで
一緒にいられますように

光が生まれたの 今
ふたりの心の中に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星空のワルツ 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-03-16
商品番号:BVCL-196
㈱アリオラジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP