季節は回転木馬のように

この曲の表示回数 5,549
歌手:


作詞:

大津あきら


作曲:

林哲司


思い出に恋をして
皆んな季節(とき)を越えてく
白い牡丹のように
ひたむきな恋人(ひと)だった

なぜ別れたのそんな想いが
涙を連れて呼び戻る
回転木馬のように愛は
廻り続けて
二度とは追いつけないあなたに
手を振るだけ

明日又逢えるのに
離れられず歩いた
あなたの微笑みだけ
信じてれば良かった

ありふれた日が大切だとは
気付かなかったあの若さ
回転木馬に乗って皆んな
戯(はしゃ)ぎ続けて
優しささえ置き忘れてゆく
あの時代に

なぜ別れたのそんな想いが
涙を連れて呼び戻る
回転木馬のように愛は
廻り続けて
二度とは追いつけないあなたに
手を振るだけ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節は回転木馬のように 歌手:ビリー・バンバン

ビリー・バンバンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-12-07
商品番号:KICX-3356
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP