試聴する

あざやかな季節の中を

この曲の表示回数 4,413
歌手:


作詞:

門谷憲二


作曲:

石川Kanji


恋をしていたのは
過ぎ去った昔なのに
きみの笑い声 きみの足音
今もそこに聞こえるよ

ぼくの弱いとこも
あるがまま包み込んで
きみが生きた街 若すぎた街
涙の匂いもするよ

泣きぬれて恋をして
ひといきに駆け抜けた
あざやかな季節(とき)の中を

狭い空の下で
肩よせた暮しなのに
花のようなきみ 生意気なぼく
今も胸によみがえる

遮断機の向こうに
あの頃のきみが見える
夢を抱いたまま 風が吹くまま
にっこり笑っているよ

泣きぬれて 恋をして
ひといきに駆け抜けた
あざやかな季節(とき)の中を

大事なもの失くして
大人になる

泣きぬれて 恋をして
傷つけて抱きしめて
泣きぬれて 恋をして
ひといきに駆け抜けた
あざやかな季節(とき)の中を

泣きぬれて 恋をして
傷つけて抱きしめて
La La La……
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あざやかな季節の中を 歌手:ビリー・バンバン

ビリー・バンバンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-12-07
商品番号:KICX-3356
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP