試聴する

まだ愛せそうだ

この曲の表示回数 3,657
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

小椋佳


日々(にちにち)の 暮しの中で
欲望も 手懐(てなづ)けられて
故郷の 土を忘れた
街路樹の悲しみを抱く

孤独な汗のしみ込む幹に
手のひらをそっと寄せれば

『君はやれ君ならばやれ』と
精一杯のそよ風で僕を押し出す
想えば今日は残された日々の初めての日

今さらだけど人と自分を まだ愛せそうだ

夏の日の 背丈によどむ
フクシャネツ 耐え切れなくて
舗道行く 背広姿の
同じ顔 息切れがして

逃げ駆け登る歩道橋の上
手に煙草一息つけば

『君は飛べ君ならば舞え』と
灰と煙が中空(なかぞら)を自由に舞い飛ぶ
想えば今日は残された日々の初めての日

今さらだけど人と 自分をまだ愛せそうだ

今さらだけど人と 自分をまだ愛せそうだ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まだ愛せそうだ 歌手:ビリー・バンバン

ビリー・バンバンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP