ライラックの花束を

この曲の表示回数 4,452
歌手:

米倉千尋


作詞:

米倉千尋


作曲:

米倉千尋


ピアノが低く流れてる 西陽が差し込む廊下の向こう
優しく心撫でるような 音色を―あなたを―好きになった

淡くほろ苦い初恋は 遠くで見つめるだけだった

あなたのことが すごくすごく好き…と
どうしても伝えられず
ただ 想いを胸の奥に閉じこめて
気づいて…と願った

卒業式のあの人は 悲しいくらいに眩しかった
私の前を過ぎてゆく 笑って―サヨナラ―出来なかった

淡くほろ苦い初恋は 叶うことない恋だった

あなたのことを ずっとずっと好き…と
どうしても伝えられず
ただ 想いを小さな花束にのせて
「おめでとう」告げた

あなたのことが すごくすごく好き…と
どうしても伝えられず
ただ 想いを胸の奥に閉じこめて
気づいて…と願った
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ライラックの花束を 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-13
商品番号:KICS-937
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP