「あいのうた」

この曲の表示回数 5,309
歌手:

米倉千尋


作詞:

米倉千尋


作曲:

米倉千尋


懐かしい香りがした 春待つ風に揺れる木漏れ日
そしてまた痛いくらい 切なさ残してく

二人歩いた道 風だけが通りすぎる
この心はなぜあの人を あの季節を忘れないんだろう

何度も何度も聴いた二人だけの「あいのうた」 今は歌えない
笑顔、仕草…、ダブらせて見てる でもあなたじゃない
小さなため息が まだ寒い街に消えた

いつも待ち合わせした 古いカフェはそこにはない
壁際の白い花を ただ黙って見てる

泣いてばかりだった 冬は今終わってゆく
この心はまた 新しい幸せに出会えるのかな

何度も何度も捨てるつもりでいた 雲の上 寝転んだポラロイド
明日からは想い出に変わる もうサヨナラだね…
新しい「あいのうた」誰かと歌えるように

何度も何度も聴いた二人だけの「あいのうた」 ずっと忘れない
淡い恋の痛みも 新しい季節の向こうに
懐かしい香りが私を包み 柔らかく吹きぬけた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:「あいのうた」 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-13
商品番号:KICS-937
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP