試聴する

わたしの恋歌~水の流れに花びらが~

この曲の表示回数 3,265
歌手:


作詞:

阿久悠


作曲:

浜圭介


街を流れる 那賀川の
岸にのこした おもいでは
過去という日の グラビアの
セピア色した 初恋よ
水の流れに花びらが
浮いて沈んで 万華鏡
人の心を思わせて
逃げて招いて 消えてゆく
ああ ふるさとの川

肩にこぼれる白梅や
髪を彩る 紅梅や
春の季節に 頬染めた
純なあの人 どこにいる
人はそぞろに 歩きつつ
あの日あの頃 思い出す
風はつめたく なぶっても
寒さ知らない 日もあった
ああ ふるさとの町

山は緑に 海碧く
道は真白に 陽に映えて
歴史たずねる 街道を
歌をうたって 歩いてた
時の流れに 旅人が
昔恋しと 揺れて行く
古い家並も 松の木も
今は逢えない 人に似て
ああ ふるさとの道
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わたしの恋歌~水の流れに花びらが~ 歌手:菅原やすのり

菅原やすのりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-01-21
商品番号:CRCN-20227
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP