離郷しぐれ

この曲の表示回数 12,066
歌手:

氷川きよし


作詞:

かず翼


作曲:

宮下健治


どうかお頼み いたします
残し置きゆく 父母の
明日(あす)を案じて 手を合わす
男には行かねばならぬ 時がある
離郷しぐれが 枯れ葉を連れて
俺を呼ぶよに 窓を打つ

父は行けよと 申します
たった一度の 人生を
広い世間で 頑張れと…
男には口には出さぬ 夢がある
離郷しぐれが 別れの朝に
なんで門出を 濡らすのか

名残惜しいが 参ります
俺を見送る こともせず
母は気丈に 背を向けた
いつの日か迎えに来ると 振り向けば
離郷しぐれか 涙の露か
肩にハラハラ 降りかかる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:離郷しぐれ 歌手:氷川きよし

氷川きよしの新着情報

  • 天地人 / ♪命もらった母から母へ
  • hug / ♪手のひらを青空に伸ばして
  • 恋初めし / ♪ひとはひとを好きになり
  • 確信 / ♪掌からサラサラと
  • 龍翔鳳舞 / ♪龍がうねって鳳が舞う

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-11-10
商品番号:COCP-36540
コロムビアミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP