GOLD LYLIC 

over

この曲の表示回数 114,329
歌手:


作詞:

みうらともかず


作曲:

HIKARI


頼りなく色付いた 薄紅の空を見上げた
やけに遠くに響く いつもの電車の音

上書きされる日々も 読みかけの愛も 幾つも
捨てられない切なさも 「丁度いい」と呟いた

この手に触れたのは こんなにもやわらかな風

誰もが願う明日へ 叶えたい想いを強く強く
重ね続けてる今をこの胸に いつまでも歩いて行く

変われない迷いの中 綴った手紙のあの言葉
何処かの街角で見かけた 見知らぬ誰かの歌

もう今は違ってても そう今も心の中に

行き交う人の波に 立ち尽くす時が来るとしても
譲れない願いを いつの日かこの腕に掴み取るまで

夢の後先の傷跡に残す誓い 大切なもの
消えぬ想い またひとつ見えた 言葉では足りないから 求めて
全て見てみたい

誰もが願う明日へ 叶えたい想いを強く強く
重ね続けてる今をこの胸に いつまでも歩いて行く
いつか掴みたい
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:over 歌手:嵐

の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-08
商品番号:JACA-5240
ジェイ・ストーム

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP