LIVE REPORT

ミオヤマザキ ライブレポート

ミオヤマザキ

【ミオヤマザキ】 『ミオフェス〜東京編その1〜』 2017年6月29日 at 恵比寿LIQUIDROOM

2017年06月29日@恵比寿LIQUIDROOM

取材:荒金良介

2017.07.10

ミオヤマザキ主催の『ミオフェス』が全国8カ所で開催され、6本目にあたる東京2デイズの初日を観てきた。トップを飾ったのはゆるめるモ!だ。この日はしふぉんがヘルニアを患い、激しい動きこそできなかったものの、それをほかのメンバー3人が見事にカバー。ニューウェイブ調の楽曲にスクリームを織り交ぜ、ラウド系バンドにも負けない攻撃性を観せつけた。

続いては最新ミニアルバム『GiANT KiLLERS』がオリコンデイリー3位を記録し、人気上昇中のBiSHが登場。ハスキー声のアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチの麗しい歌声を主軸に、他のメンバー4人も歌に踊りに大活躍。歌声、楽曲、振り付けの三位一体感による番狂わせっぷりが凄まじく、ライヴ中に筆者は5回ぐらい泣きそうになった。

最後は主催者のミオヤマザキが登場。頭3曲は紗幕に歌詞が流れる演出で、紅一点・mio(Vo)を含むメンバー4人の姿は見えない。しかし、ヒリヒリした感情を託した本音炸裂の歌詞を歌い上げるmioの歌唱力は圧巻。ラップ、ポエトリー、歌メロ、シャウト、時には演劇を観覧しているようなセリフ調のパートもあり、多彩な表現力で観る者を釘付けにする。また、会場にパンテラ、スリップノットのTシャツを着たファンを見かけたが、猟奇的なヘヴィロック調の演奏も彼女の歌声を力強く援護射撃。そして、フロアーを根底から激しく揺さぶり、一度観たら蟻地獄のごとく深みにハマるエモーションの過剰さはズバ抜けていた。ぜひ一度、体感してもらいたい!

取材:荒金良介

ミオヤマザキ

mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chuang(Dr.)からなる4人組ロックバンド。2013年、東京で結成。Vo.のmioによる、”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。更に、ミオヤマザキの楽曲をテーマに制作されたプロモーション・ゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeのランキングで1位を獲得し、現在までに累計400万ダウンロードを突破。大きな話題と様々な謎に包まれたまま、2014年のクリスマスイブにソニーミュージックのエピックレコードからメジャーデビュー。2016年にはフジテレビ深夜ドラマの主題歌に起用され、11月2日に待望の1stフルアルバム『anti-these』をリリース。11/1付のオリコンアルバム・デイリーチャートで9位にランクインするなど、10代~20代の女性を中心に熱狂的な支持を集めている。2017年4月1日には日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを完売。今最も注目を集めているバンド。

この歌手の歌詞一覧 この歌手の動画一覧

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 7

    7.死二DIE

関連ライブレポート

twitter Facebok google+