歌詞を

ヘルプ

天地真理の歌詞一覧リスト

67 曲中 1-67 曲を表示
2017年11月21日(火)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
愛がほしい天地真理岩谷時子佐瀬寿一あなたと私がいるそれが愛
愛・つづれ織り天地真理松本隆森田公一2月10日晴れトレンチコート
愛のアルバム天地真理山上路夫森田公一アアあなたには小さなことかも
愛の渚天地真理岩谷時子弾厚作愛の砂浜をそめる赤い夕陽
明日また天地真理山口洋子・安井かずみ筒美京平行きませんかと誘われたの
明日への愛天地真理安井かずみ筒美京平わたしから愛をとったら
明日への出発(たびだち)天地真理安井かずみ加藤和彦頬につめたい風が気持よい時は
あなた天地真理小坂明子小坂明子もしも私が家を建てたなら
ある雨の日の情景天地真理伊庭啓子吉田拓郎バスが止まって外は雨が
ある恋の感想天地真理安井かずみ筒美京平偶然あなたと出合った街角は
ある日私も天地真理わだじゅんこ浜口庫之助いつも見る青空なのに
家なき子天地真理松本隆筒美京平あなたの腕に帰れない
一枚の写真天地真理安井かずみ川口真一枚の写真から思い出が
一杯のレモンティー天地真理岩谷時子筒美京平木漏れ日の街角明るいテラス
今は想い出天地真理山川啓介網倉一也セピアの街角に春が香りだすと
海にたくした願い天地真理山上路夫森田公一寂しい夜に手紙を書いた
海辺まで10マイル天地真理橋本淳小林亜星海辺まで10マイル急ぐことは
想い出のセレナーデ天地真理山上路夫森田公一あの坂の道で二人言った
風を見た人天地真理安井かずみ村井邦彦わたしは見たい風の姿を
君よ知るや南の国天地真理ゲーテ・訳詞:安井かずみトーマ君よ知るや南の国
京都でひとり天地真理山上路夫川口真あなたに何も言わず京都へと
恋する夏の日天地真理山上路夫森田公一あなたを待つのテニスコート
恋と海とTシャツと天地真理安井かずみ森田公一横じまTシャツをまねして
恋の風車天地真理林春生筒美京平あなたに愛を告げる
恋人たちの港天地真理山上路夫森田公一はじめてよ二人して
木枯らしの舗道天地真理山上路夫森田公一街の舗道に木枯らしふきぬける
さよならこんにちわ天地真理山口洋子・安井かずみ筒美京平さよならさよならこんにちわ
さよならは心をこめて天地真理山上路夫森田公一この道が終るところで
サルビアの花天地真理相沢靖子早川義夫いつもいつも思ってた
爽やかなあなた天地真理山上路夫森田公一手をあげて駈けてくるあなたは
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
素晴らしい青春天地真理山上路夫森田公一あなたは不思議な人
空いっぱいの幸せ天地真理山上路夫森田公一空今あこがれ色に輝き二人を
太陽がくれた季節天地真理山川啓介いずみたく君は何を今見つめているの
旅人は風の国へ天地真理松本隆森田公一心まで許した人に裏切られれば
ちいさな恋天地真理安井かずみ浜口庫之助たまに会えない日も
小さな人生天地真理安井かずみ筒美京平西日がさしこむ窓低くかけた
小さな日記天地真理原田晴子落合和徳小さな日記につづられた
トンガリ屋根の教会へ天地真理山上路夫森田公一あなたといつものお店にすわり
渚の誓い天地真理ちあき哲也馬飼野俊一あなたが砂浜に好きって
夏を忘れた海天地真理安井かずみ森田公一夏を忘れた海カモメがとびかう
涙から明日へ天地真理小谷夏山下毅雄なぜひとり行くの燃える頬を
虹をわたって天地真理山上路夫森田公一虹の向こうは晴れなのかしら
初めての涙天地真理安井かずみ宮川泰毎日あなたを好きだと
初恋のニコラ天地真理MATE PETERS・NAGY ISTVAN・MICHEL MALLORY・訳詞:麻木かおるMATE PETERS・NAGY ISTVAN・MICHEL MALLORYここから歩くわ車を止めて
花と小父さん天地真理浜口庫之助浜口庫之助小さい花にくちづけをしたら
花ひらくとき天地真理山上路夫森田公一誰もみな恋をした時に
花嫁の友だち天地真理安井かずみ森田公一小さなすずらんの花束を
ひとかかえの愛天地真理藤公之介森田公一ひとにぎりの風ルルル
ひとりじゃないの天地真理小谷夏森田公一あなたがほほえみを
ひまわりの小径天地真理林春生筒美京平あなたにとっては突然でしょう
ふたりの日曜日天地真理山上路夫平尾昌晃バスは朝日の中をどこへ走るの
冬物語天地真理阿久悠坂田晃一こがらしは寒く乗りかえ駅に
不器用な女天地真理網倉一也網倉一也そう思ったこともあるわ
ブランコ天地真理山上路夫森田公一わけもなく人恋しくて
牧場の乙女天地真理山上路夫森田公一牧場の朝ぎりきれいに晴れて
ポケットに涙天地真理小谷夏森田公一どうして行くのと問いかけ
また逢うためにさようなら天地真理鈴木悦夫森田公一こぼれ落ちる涙孤り耐える夜は
真冬のデイト天地真理山上路夫平尾昌晃木枯し吹いてる並木の道も
水色の恋天地真理田上えり・Carlos Pesce田上みどり・Feliciano Latasaさよならの言葉さえ
もの想う季節天地真理山上路夫森田公一坂道の上の教会の扉
矢車草天地真理岩谷時子筒美京平あの人はもういない
夕陽のスケッチ天地真理宮中雲子筒美京平夕陽に手のひらすかしてみたら
夢ほのぼの天地真理橋本淳小林亜星坂道を登ればアパートの灯りが
レイン・ステイション天地真理松本隆筒美京平揺れるガラス流れる雨粒
若葉のささやき天地真理山上路夫森田公一若葉が町に急に萌えだした
私が雪だった日天地真理山川啓介網倉一也私が雪だった日きっときれい
わたしの場合天地真理安井かずみ森田公一一年二年会わないうちに

天地 真理(あまち まり、1951年11月5日 - )は、1970年代前半に国民的アイドルとして人気を博した日本の女性歌手。埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。 wikipedia